C3について

Consulting 知恵 Connections 絆 Community 地域

地域が抱える医療課題を抽出し、 さまざまなプレイヤーの架け橋となり、 変革をもたらす活動を実行します。

C3の事業内容

地域包括ケアシステムにおけるコンサルティング業務

各自治体に対して、地域医療構想や地域包括ケアシステムを推進するための関係者の調整やコンサルティングを実施します。

ヘルスケアの取組に対するプロジェクト化とプロジェクトマネジメント業務

地域医療に課題を抱える自治体と、地域医療に貢献したいと考える製薬企業・医療機器企業とをマッチングして、課題を解決するプロジェクトを実施します。

データヘルスに関わる調査、分析業務

各地域レベルで健康、医療に関わるデータを抽出、分析して地域における健康増進に貢献します。

C3の事業内容

  • 地域包括ケアシステムにおけるコンサルティング業務

    各自治体に対して、地域医療構想や地域包括ケアシステムを推進するための関係者の調整やコンサルティングを実施します。

  • ヘルスケアの取組に対するプロジェクト化とプロジェクトマネジメント業務

    地域医療に課題を抱える自治体と、地域医療に貢献したいと考える製薬企業・医療機器企業とをマッチングして、課題を解決するプロジェクトを実施します。

  • データヘルスに関わる調査、分析業務

    各地域レベルで健康、医療に関わるデータを抽出、分析して地域における健康増進に貢献します。

代表取締役挨拶

諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行している日本では、健康長寿社会の実現が急務となっています。そのためには、地域医療を推進していくことが重要であり、地域に存在するさまざまな課題を解決していかなければいけません。

私たちC3は、地域ごとに異なる医療課題を抽出し、解決手段を提供するだけではなく、様々なステークホルダーを繋げてヘルスケア分野に変革をもたらす活動を実行します。またCMICの強みであるリサーチを活かして、成功事例を共有するためのRWD(リアルワールドデータ)の創生をおこなっていきます。 そして、誰もが安心して良質なヘルスケアサービスを受けることができる社会づくりに貢献します。

シースリー株式会社 代表取締役会長 中村 和男

超高齢化社会に直面する日本の医療において、主役が自治体に移りつつあります。地域医療構想・地域包括ケアなどの地域ごとのグランドデザイン策定、実施が各自治体に求められ、日本の医療は大きな変革の時を迎えています。

今までスリーロックは製薬、医療機器、ヘルスケア企業へのサポートを通じて”健全な医療環境の創造”に尽力してまいりました。変化が起こり創造性、知恵が必要とされるこの時代に、直接的に日本の医療に貢献したく考えてC3株式会社を設立しました。地域医療へのコミットしたサポートをおこない、この変革の時を日本が乗り越えていくべくお手伝いをしていきます。

シースリー株式会社 代表取締役社長 ジェフリー B. シュナック